マイケルコースのバッグはおばさん臭い?似合う年齢層と人気の理由

知的でエレガントな雰囲気が大人女性に人気のマイケルコース(Michael Kors)。

現在のマイケルコースのラインには高級ブランドのファーストラインである「マイケルコース」と、
バッグや革小物、時計、シューズ、アクセサリーなどを専用に扱う
セカンドラインの「マイケル マイケルコース(MICHAEL Michael Kors)」の2つがあり、

現在日本で販売しているものの約9割は「マイケル マイケルコース」です。

今回はマイケル マイケルコースの中でも人気のバッグについて、
どんなところに人気の理由があるのかや、似合う年齢層について調べてみました。

マイケル マイケルコースのバッグはおばさん臭い?

上品で女性らしい雰囲気のラインナップの多さから、
幅広い年齢層の女性から人気があるのがマイケルコースのバッグです。

そのため中には「永く愛用できるってことはデザインがおばさん臭いということでは?」
と考えて購入をためらう若い子もいるようです。

確かに永く愛用できるということは、デザイン性に奇抜さがなく
流行り感もないということなのかもしれませんが、

逆に言えば「流行に流されない」という強みになります。

色や柄を考えて選べば、冠婚葬祭などフォーマルな場にも
持ち歩くことができますよね。

マイケル マイケルコースのバッグが似合う年齢層は?

マイケル マイケルコースの商品のお値段平均が、
バッグの場合は4万円前後のため、

エルメスやグッチ、ヴィトンのようなハイブランドバッグとは違い、
若い女性でも気軽に手を伸ばせるお値段設定。

そのことからもマイケル マイケルコースのバッグを購入する
年齢層に幅があるのかもしれませんね。

ではそのバッグが本当に似合う年齢層はどこなのでしょう?

ファッション雑誌「VERY」に掲載されたこともあることから、
30代から40代が一番馴染みやすい年齢層かもしれませんね。

マイケル マイケルコースが人気の理由

マイケル マイケルコースは他のブランドバッグに比べると
リーズナブルなことから「子供っぽいかも」と不安になる方もいるようです。

ですが「ヴィトンやシャネルのようなバッグを持ち歩くよりも
品があって好感が持てる。」というのが人気の理由でもあります。

バッグを購入するときには、値段やブランド名などに左右されず、
色やデザイン、自分が出せる価格帯を考慮するのが大事。

自分が持っている服の雰囲気に合うかという点で選べば、
エルメスとマイケルコース、どちらが自分に似合うかわかるのでは?

さいごに

マイケルコースのバッグが似合う年齢層や人気の理由についてご紹介しました。

マイケル マイケルコースのバッグにはショルダーバッグやリュック、
トートバッグなど、バッグ一つをとってもラインナップが豊富なので、

キャリアバッグやママバッグなど、いろんな使い方ができますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする